「ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーション」紹介ページ

HOSPITAL INFO ナース版

vol.129

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーション

URL
http://www.tsukui.net/search/2152/detail.html
住所
〒234-0051
神奈川県横浜市港南区日野5-34-7
TEL
045-849-2311
  • 病院の特色
  • トップインタビュー
  • 職場訪問
  • 先輩ナースによるリアルトーク

病院の特色

 ツクイは1969年に土木事業会社として設立され、1983年に訪問入浴サービスを開始したことで、介護事業に参入した。その後、訪問介護サービス、デイサービス、有料老人ホームなど、様々な介護サービスの拡充を行ってきた。現在は在宅介護事業、有料老人ホーム事業、介護や医療に特化した人材開発事業、高齢者向け住宅事業の4つの柱を持ち、全国の500を超える事業所でサービスを展開している。
 ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションは横浜市港南区日野に2014年7月1日にオープンした施設で、デイサービス、訪問看護サービス、介護予防サービスを行っている。「あなたの療養生活に一輪の花を!」を合言葉に、利用者に寄り添い、気持ちの交流を大切にした訪問看護を提供している。

施設紹介

トップインタビュー

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションの特徴

 特徴としてはターミナルケアと認知症ケアが挙げられます。ターミナルケアでは看取りのみならず、その方の人生観を大切にしたうえで余生のQOLを高めるための医療的支援、看護的支援に力を入れています。また、現在、認知症は末期がんと並ぶ、大きな問題ですが、当施設では地域でより長く生活できるよう、患者さんの人権や人格を大切にし、個を尊重した認知症ケアを行っています。

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションの歩み

 2014年7月にオープンしたばかりの施設です。私自身は開設要員ということで、1月から付属のデイサービスに勤務しながら、準備にあたってきました。看護師募集のほか、営業活動もしましたよ。看護師募集ではティッシュを配ったりもしました(笑)。オープン直前に看護師が全員揃いましたが、今もオープニングスタッフが誰も辞めていないんですよ。人間関係がとても良好な施設です。
 私自身、胃婁、アルツハイマー病、寝たきりの状態の母を2年に渡って介護してきた経験があります。また、10年間、山梨県内の僻地での訪問看護に携わったこともあります。そういった経験を活かして、こちらでも頑張っていこうと思っています。ツクイはこれまで介護サービスを行ってきましたが、当施設の開設と札幌・広島につづき3店舗目を開設し、医療分野にも進出したのです。私も定年前に最後のいい仕事をしたいです。「あなたの療養生活に一輪の花を!」のスローガンのもとで、看護の幅を広げていきたいと考えています。

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションの課題

 看護師の確保と管理者となる人材の育成です。また、ツクイの中に訪問看護ステーションができたわけですから、ツクイ内での医療連携を向上させることも課題です。デイサービス、ヘルパー事業、訪問入浴、居宅介護、有料老人ホームなどと適切に連携することで「介護のツクイ」から「医療が参加したツクイ」へ転換し、地域支援を充実させたいですね。信頼される訪問看護ステーション作りをこれからも進めていきます。

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションで学べること

 高齢の方、障害のある方、闘病生活中の方の人生を見ることで、自分や家族の人生へとフィードバックできます。単に医療サイドに立つだけでなく、生きていく人間の姿から人生観を学んでほしいと願っています。当施設では、認知症になられた方でも人権を尊重した看護を行っていますので、いい勉強になるはずです。
 それからチームワークですね。当施設の看護師は病弱の人が多いんです。一病息災とも言いますが、そういったスタッフと助け合いながら仕事ができます。スタッフそれぞれに負の部分があるからこそ、患者さんを理解できるんですよ。

求められる看護師像

 明るさ、物事を受け止められる心の広さ、腹の据わった「大丈夫よ」という気持ち、感情が豊かであることですね。患者さんと泣いたり、笑ったりしながら、看護をしていきたいものです。病院の中味を在宅の場に持ち込むのではなく、患者さんのお宅の中に医療がある状態が理想です。

今後の展開

 訪問看護ステーションの対象は高齢者と思われがちですが、そんなことはありません。当施設では小児科を含めて対応していきたいと考えています。また、看護師の研修や人材育成を充実させ、ツクイ内の医療連携も高めていきたいですね。現在、就職が決まってから、実際に訪問看護ステーションでの勤務に至るまでを支えていける教育システムを構築中です。

入職を希望する看護師へのメッセージ

 訪問看護ステーションが初めての方でも心配はいりません。これまでの勤務の中で人間関係に苦しんできた方、その苦しみを背負ったままでお越しください。苦労した人ほど、来ていただきたいです。和気藹々とした仲間と一緒に働けますので、そんな重荷はここで下ろせますよ。
 これからは訪問看護の時代になります。地域を病棟に捉えて、地域に飛び込んでいき、医師とも医師とも信頼と連携で協力し合える訪問看護師は魅力ある存在です。

職場訪問

看護師と他職種間の連携

濱野看護師:情報交換もスムーズですし、とてもいい流れですね。ちょっとしたことでも、ほかのスタッフに配信できるシステムがあり、結果のフィードバックも早いですので、働きやすい施設です。

職場の雰囲気

濱野看護師:明るく、和気藹々といった雰囲気です。皆でよく助け合っていますね。カンファレンスは月に1回あり、ツクイ本社の医療連携部長が来て、レクチャーを受けることもあります。

先輩ナースによるリアルトーク

ツクイ横浜港南中央訪問看護ステーションに入職したきっかけ

 以前は上大岡の訪問看護ステーションに11年ほど勤務していたのですが、夫が中国に転勤することになったので、退職したんです。夫に伴って、私も中国で生活を始めたのですが、やはり日本がいいと感じ、私だけ横浜に帰ってきました。帰国後すぐに港南区役所の前で、こちらの看護師募集のティッシュをもらったのがきっかけです(笑)。

現在の仕事内容

 患者さんのお宅に伺って、健康観察、リハビリ、身体介護、入浴、褥瘡などの医療処置を行っています。リハビリは身体機能を維持するためのものや、脳血管障害で右麻痺の方は言語機能が低下することが多いので、言語訓練が中心です。リハビリに関してはデイサービスの経験もありますし、研修も受けていますので、何とかやれています。患者さんによってはご自分の疾患を受け入れにくい方もいますので、こちらも適切に言葉を選ぶようにしていますが、難しいですね。

仕事の遣り甲斐

 患者さんの笑顔です。「また来週、来てね」、「頑張ったよ」、「この前、リハビリしてもらって軽くなった」などと言われると嬉しいですね。自分で立てた看護計画のもとで患者さんの病状が良くなったときもこの仕事をやっていて良かったと思えます。

勉強になっていること

 茂木管理者は熱い人なんですよ(笑)。彼女のもとで、毎日の仕事が全て勉強になっています。患者さんのことをまず考えて、目標を立て、それに沿って訪問看護をしていく中で、病院の看護ではできないことができるのは達成感があります。

新人へのサポート

 看護協会の教育DVDをお借りして、それを見ながらのレクチャーがあります。看護協会での訪問看護研修もあり、茂木管理者も私も受講経験者です。以前は3カ月みっちりありましたが、今は週に何日かずつ半年かけて行っているようですね。そのうえで、茂木管理者が用意したレジュメで研修します。
ブランクの空いた方、訪問看護ステーションが初めての方でも心配いりません。最初は先輩看護師との同行訪問で、雰囲気や仕事を掴んでもらいます。慣れるまではリハビリ目的などの患者さんを担当し、徐々に医療ニーズの高い患者さんを受け持つようになります。

福利厚生

 皆で融通し合っていますので、休みは取りやすいです。時間もきちんと管理されており、残業手当も付きます。フォロー体制を整えておけば、長期休暇も可能ですね。また、結婚何周年などのときにはお祝い金制度もあります。

今後の目標

 今、行っている訪問看護のあり方が間違っていないのか確認しながら、一人でも多くの方が安心して在宅生活を送れるように支援したいです。一人一人が違うライフスタイルを持っていますし、ニーズも異なります。それぞれのニーズに沿って看護を行い、少しでも前の生活に近づけてさしあげたいです。ただ、患者さんに活気が蘇ってくると、つい過信してしまって怪我や転倒に繋がりやすいんです。先日も大腿骨頚部骨折で手術になってしまった患者さんがいるので、こちらも気を付けないといけないと思っています。

入職を考えている看護師へのメッセージ

 スタッフ間に思いやりがあり、笑顔が絶えない職場です。茂木管理者の明るさが職場全体にいい雰囲気をもたらしています。勉強になることが多く、キャリアのある看護師もさらに成長できる環境ですから、是非、見学にいらしてください。

ピックアップバナー
コンテンツ
  • 黒岩知事インタビュー
  • ホスピタルインフォ
  • ビギナース
  • Re:ナース40

Cafe de Nurseおすすめコンテンツ


黒岩祐治プレミアムインタビュー

ナース漫画【N’Sマンガ】

ナースは見た!

働きやすい職場を作るリーダー力