「医療法人 琴仁会 光生病院」紹介ページ

HOSPITAL INFO ナース版

vol.80

医療法人 琴仁会 光生病院

URL
http://www.kouseihospital.net/
住所
〒594-0081
大阪府和泉市葛の葉町3-3-18
TEL
0725-45-3381
  • 病院の特色
  • 看護部理念
  • 教育プログラム
  • 看護部長からのメッセージ
  • 職場訪問
  • 先輩ナースによるリアルトーク

病院の特色

病院の理念

病院の基本方針

  • ・患者様の起点で考え、誠意を持って行動する
  • ・全職員が目的を共有し、一人ひとり責任を持って行動する
  • ・人が病院を育て、病院が人を育てる循環を作る
 

関連病院

石本病院
(急性期26床・医療療養型27床)
院長 石本 淳也
和歌山県海南市船尾365
電話(073)482-5063
FAX(073)482-5408

看護部理念

看護部理念

患者さんの生命と健康を守り、安全な医療を提供するためには、看護師自らが安全で健康に働くことができなくてはいけません。
当院では、働き続けられる職場環境を意識し、家庭との両立を支援しております。また、個人評価票を作成し、院内外研修を受講し、スキルアップにも努めております。

看護理念

私たちは、優しく親切に安心していただける看護を提供します。

行動指針

  • 1、感性豊かに、患者さんやご家族の立場に立った看護を提供します。
  • 2、患者さんの個別性を尊重した看護を提供します。
  • 3、安全で質の高い看護を提供するために日々自己研鑽に努めます。
  • 4、専門職業人として、責任ある行動をとります。
  • 5、地域・社会のニーズに対応した看護を提供します。

一般病棟(43床)、療養病棟(102床)、外来(整形外科、外科、手術室、内科、訪問看護)、透析室と幅広く看護できる人材の育成に取組んでいます。

教育プログラム

教育プログラム

新入職員を支え、不安を緩和するためには、OJTやメンタルサポートなどの体制づくりが必要と思います。
当院の院内研修においては、新入職員指導にあたり、周囲のスタッフだけでなく 全職員が一緒になって成長していく、そういう教育体制を敷いています。
伸び悩んでいる職員がどこがわかっていないのか、自分に無理なくとにかく 基礎を大切に、研修を行ってまいります。

  •  ・看護理念と医療接遇
  •  ・感染予防 技術と実際
  •  ・救命・救急処置技術
  •  ・人工呼吸器の管理
  •  ・中心静脈内注射の準備介助
  •  ・薬剤・麻薬の管理
  •  ・安全管理
  •  ・関節可動域訓練
  •  ・災害・防災管理
  •  ・物品管理・コスト管理

医療接遇

患者さんとのトラブルがあった際、その状況について十分に把握できるよう、患者さんやご家族への対応の仕方をみんなでよく考えます。どんな点が足りなかったのか、何が出来ていなかったからトラブルにつながったのかについて、徹底的に探究します。

感染予防

標準予防策の徹底━院内ラウンドをして、予防が出来ているかを徹底していきます。

安全管理

年間にインシデントレポートとアクシデントレポートを提出し、それに沿って目立った点をピックアップし、対処・改善することを周知徹底します。
また、随時院外研修による新しい情報を報告しています。

災害・防災管理

南海トラフ地震を想定し、予想される地震・津波でどういう状況になるのかを、常に考えておかなければなりません。災害対策として、当院の避難場所や物品の保管場所など、全職員が周知徹底することを目指します。

看護部長からのメッセージ

看護師を目指したきっかけを教えて下さい

 高校2年の時、父が他界しました。その前日に父の病床で「看護師になりたい」と打ち明けたら、父は苦しみながら、拳を上げてガッツポーズをとり、声は出ていなかったのですが、私には頑張れと応援してくれているように聞こえました。
 苦しい時や困った時には、父のガッツポーズを思い出して頑張って乗り切ることができています。
 大阪赤十字看護専門学校に入学を決めたのは、入試や面接時の教師や出会った看護師の方の笑顔に癒されたからでした。私も人を癒すことの出来る看護師になりたいと思いました。

看護観についてお聞かせ下さい

 私たち人間にとって最大の癒しは、温かい笑顔ではないかと思います。看護理念や行動指針に掲げていることを実施し、知識や技術の向上に努めて患者さんやご家族に喜んでいただける看護を提供することはもちろんのことですが、基本には温かい笑顔や思いやりがあってほしいと思います。
 患者さんの笑顔、ご家族の笑顔、病院スタッフの笑顔と、笑顔の連鎖ですべての人が幸せになっていただくことが本来の看護だと思っています。
 “光生スマイル”ですべての人が幸せになっていただけるといいですね。
 少し言い過ぎかもしれませんね(笑)

看護師を続けて来た理由をお聞かせ下さい

 私たちが看護を提供することにより喜んでいただける患者さんやご家族の方の笑顔に出会った時に看護師を続けて来て良かったと実感しています。
 最近では、看護職員の笑顔と、看護理念を理解し実践している看護場面に出会った時に、続けて来て良かったと感じますね。
 看護師の仕事は、本当にやりがいのある仕事。でも、周りの環境や協力がなくては続けられなかったと感じています。理解してくれていた上司や職場の方々、協力してくれた家族や身内の存在があったからと感謝しています。

光生病院の特徴を教えて下さい

 幅広く全人的に看護が出来る人材の育成に取り組んでいます。患者さんの生命と健康を守り、安全な医療を提供するためには、看護師自らが安全で健康に働くことが出来なくてはいけません。当院では働き続けられる職場作りを心掛け、WLB(ワークライフバランス)を重視し、仕事と生活の両立を支援しています。看護師のベストセラーである勤務表の作成においては、各所属長が公平に希望がとれるように努めています。
 個人評価票を用いて、院内外の研修受講やOJT(現場指導と実践)により、スキルアップに無理なく取り組める職場環境がここにはあります
当院の看護師は20代~60代と幅広く、永く、勤めていただけています。
 とても職場環境・雰囲気が良いので勤められています。一度、他の病院に移られた方も光生病院の雰囲気が忘れられず戻って来られるケースが多いです。
 私もですが、チャレンジすることを後押ししてくれる環境が整っています。日本糖尿病療養指導士の認定、ケアマネージャー、診療情報管理士の資格を取得する事ができたのは、病院の協力のおかげと感謝しています。
 病院全体で個人の思いを実現させてくれる環境がここにはあります。

福利厚生はいかがですか

 勤続永年の表彰と金一封を毎年秋に頂いています。インフルエンザワクチンは無料で接種していただけますし、イベントにおいても夏祭りや忘年会など多様です。
  院内保育所は24時間完備しています。当院の保育所で育った子供たちは、今では大学生にまで成長しています。女性の多い職場なので、妊娠→出産→育児→復帰と、妊婦さんがいない年が無いほどです。光生病院の看護師は、2~4人くらいのお子さんがいます。最近の少子化対策に貢献していますよね(笑)。それは、病院全体で仕事と生活の両立を実現させているからです。現に私もこの病院のそんな考え方に惹かれて入職しましたから。
 経営陣の皆さんをはじめ、先生方や保母さん、職員の皆さんに感謝しております。

ともに働きたい看護師の人物像についてお聞かせ下さい

 当院の看護理念や行動指針に共感し、実践していただける方がいいですね。
 明るく元気で、笑顔がチャーミングな方であればなおいいと思います。

光生病院に入職を考えている看護師さんにメッセージをお願いします

 院内研修を実施して、知識や技術のスキルアップに無理なく取り組める職場環境がここにあります。
 他の病院では珍しいナースマンも6名いて、外来(救急外来・手術室)、透析室で活躍しています。
 経営陣の皆さんも職場環境には積極的に私たちの話を取り入れてくれて、昨年からユニフォームが新しくなりました。スポーツブランドの白衣です。今までの白衣の中で、一番かっこよくて働きやすいので、たいへん好評です。新しいユニフォームを着て、一緒に“光生スマイル”をつくっていきましょう!! 

職場訪問

施設案内

先輩ナースによるリアルトーク

光生病院に入職を決めた理由についてお聞かせ下さい

 光生病院は本当に働きやすい職場です。スタッフの人柄はいいですし、和気あいあいとしていますね。ただ、患者さんの生命が関わる仕事ですから時には厳しく教えてもらえるところはきっちりと教えてくれます。自分が間違っているところはちゃんと指摘してくれる。何でも相談しやすい人間関係、それが一番の魅力です。

現在の勤務はどんな感じですか?

 4月まで病棟で勤務していたのですが、5月からは外来、救急外来、それからオペ室で勤務させていただいています。まだ5月からで慣れないことも多いですが、周りの人たちに本当に親切丁寧に教えてもらっているので勉強になります。オペ室では、まだまだ経験不足で慣れないことも多いですし、専門的な言葉も飛び交っていますが、やり甲斐を非常に感じています。病棟でもやり甲斐を感じていましたが、新しい発見が新鮮です。

お仕事のどんなところにやり甲斐を感じますか?

 仕事はやはり忙しくてたいへんですが、患者さんの笑顔や回復に向かう姿を見ると非常にやり甲斐を感じますね。
 5月からは外来での勤務をしているので初期対応は、今までには経験していなかったので患者さんに自分が初めてお声をかけてお話を聞くのは非常に重要なことと学ばさせていただいています。
 もちろん、どこのセクションでもやり甲斐を感じれます。

仕事をしていてうれしかったこと、辛かったことはどんなことですか?

 うれしかったことは、やはり患者さんが一生懸命努力されて退院される時の笑顔を見た瞬間ですね。本当にこの仕事をやっていて良かったと思います。
 辛かったことは、長期にわたって治療を続けておられた患者さんが人生の最期を迎えられた時ですね。患者さんと会話をしていて、元気になることを望んでいるわけですから、本当に辛かったです。

福利厚生はいかがですか?

 イベントとしては、夏祭りや盆踊りがあります。患者さんも病院のスタッフもたくさん集まるので、活気があって笑顔がたくさんあって、みんな一つになる感じがいいんです。非常にいい気分転換になって、毎年の楽しみの行事です。また、病院全体の仲がいいので色々な行事やイベントがあります。忘年会もあったり、一年に1~2回USJに行ったり食事会をしたり・・・色んな楽しい行事がありますね。
 スポーツも活発で、マラソンや野球、サッカーなど、病院の色々な職種の人が集まってやっています。

将来の目標についてお聞かせ下さい。

 看護師になって、本当にモチベーションが上がりました。急性期病棟での経験や外来・救急外来・オペ室まで光生病院で経験させていただき、 ヘルパーの経験や他の病院での経験を活かして、将来は多分野にわたって活躍できる“エキスパートナース”を目指しています。だからモチベーションは上がりっぱなしです。それに光生病院は、そんな環境や支援をしてくれるので私にとっては目標を持てる病院です。
 看護師の世界では、女性が非常に多いのですが、男性の看護師でなくてはできないことがたくさんあります。だから、“エキスパートナース”を目指しています。

職場の雰囲気はいかがですか?

 チームワークが非常にとれている病院なので、一つのことをやり遂げる時に色んなスタッフが助けてくれる。それはすごく感じていますね。
 また、産休に入られても、戻って来られる方が大半です。
男性看護師だからといって、特に違いはありませんし、全く平等に接してくれます。
 男性だから出来ることもありますよね。患者さんの中でも、体重が重い方もいらっしゃる。安全面を考えても、自分から進んで抱えるようにしています。男手も必要だと感じましたね。
 光生病院は、笑顔を大切にする病院。だから、病院スタッフの活気や患者さんの元気の源になっています。

光生病院での勤務でどんなことが勉強になっていますか?

 先輩ナースや患者さん、患者さんのご家族から、人として学ぶことが多いです。
 「人に対する思いやり」。本当に学ぶことがいっぱいです。
 看護師の仕事だけではなく、一人の人間としての勉強をさせてもらっています。
 先輩の看護師の方々から、仕事だけでなく私生活においても色々とアドバイスをいただいています。

光生病院に入職した時、どんな研修がありましたか?

 研修は、まず院内研修に出席するにあたってのミーティングがあり、研修に入ると処置に関して丁寧に、分かるまで教えていただきました。業務をしながら、色んな先輩に教えていただきましたね。
 カンファレンスに関しても月1回組まれていて、これに関しては出来るだけ全員出席です。

光生病院に入職を考えている看護師さんにメッセージをお願いします。

 スタッフが優しくて思いやりがあって、本当に働きやすい職場です。丁寧に一から教えてくれますし、上司の方もみなさん、厳しいところもありますが、優しいです。  見学に来られた場合は、病棟や外来にて仕事をしている姿を見てもらえればいいと思います。お気軽に声をかけて下さいね。
 一緒に働きましょう!! 絶対に笑顔になれます!!

ピックアップバナー
コンテンツ
  • 黒岩知事インタビュー
  • ホスピタルインフォ
  • ビギナース
  • Re:ナース40

Cafe de Nurseおすすめコンテンツ


黒岩祐治プレミアムインタビュー

働きやすい職場を作るリーダー力

ホスピタルインフォ

私達、ナースです!