転職ガイド「転職関連ランキング」ページ

転職ガイド <転職関連ランキング>

  • 転職howto
  • 転職の現場レポート
  • 転職関連ランキング
  • 転職Q&A
  • 求人への応募について
  • 転職成功の秘訣を大公開
  • 看護師免許を行かせる国際ボランティア
  • 国立病院機構のご紹介

現在の就業状況について


看護師について、現在の就業状況を施設別で見てみると、
 1. 一般病院( 200 〜 700 床)
 2. 無床診療所
 3. 一般病院( 200 床未満)
 4. 訪問看護ステーション
 5. 市区町村(保健所等)

の順となります。

年齢別に就業状況の割合を見てみると、
20歳代、30歳代で「一般病院(200床以上)」の就業割合が高くなっています。
40歳代では「一般病院(200床未満)」「無床診療所」での就業割合が高くなっています。
また50歳代の就業状況として目に付くのは、「療養型病床」「老人保健施設」での就業が他の年代に比べて突出していることです。

体力のあるうちは一般病院で経験を積み、療養型の病院に移っていくという動きをされる看護師が多いようです。
eナース看護師さんのお仕事探しにおいては、30歳台の方にも転職希望が多く見られます。子育てをしながら、ご自分の経験と希望条件(勤務地、勤務曜日など)を軸にして、新たなステージを探しておられる方が多くいます。



現在の就業施設を選んだ理由


現在の就業している施設を選んだ理由は、
 1. 通勤の便が良い
 2. 施設が自分の希望と合っている
 3. 業務内容が自分の希望と合っている
 4. 日勤のみの勤務である
 5. 職場全体の雰囲気が良い

となっています。

選んだ理由を施設種類別に特徴を見てみますと、
「病院」については、日勤のみの勤務を重視する割合は平均より低くなっています。
「病院以外の企業、保険所、教育機関、訪問看護ステーション、診療所」については、日勤のみの勤務を重視する割合が平均よりも高くなっています。
「通勤の便が良い」「日勤のみの勤務である」など、勤怠条件については希望する条件がまずあって、その条件に沿うように就業先を選んでいる傾向があるようです。

eナース看護師さんのお仕事探しの求人病院検索では、所在地や勤務形態についても検索することが出来ます。ご希望の所在地・勤務形態などで、求人先を検索してみてください。



採用の際に重視されること


常勤看護職員の採用時に重視する点は、
 1. 労働意欲が高い
 2. 勤務に対応できる体力がある
 3. 資格を保有している
 4. 長期間定着して勤務ができる
 5. 即戦力である

採用時に重視する点を求人種類別に見てみると、
「200床以上の病院」については、夜勤が可能であることと資格を保有していることを重視しています。
「200床未満の病院」については、夜勤が可能であることと休日の調整が可能であること、残業が可能であることを重視しています。
「診療所」については、長期間定着して勤務ができることを重視しています。

それぞれの医療機関の規模・特性によって、採用の際に重視する項目が違うことが見て取れます。

ピックアップバナー
コンテンツ
  • 黒岩知事インタビュー
  • ホスピタルインフォ
  • ビギナース
  • Re:ナース40
コンサルタントに相談する

Cafe de Nurseおすすめコンテンツ


ナース漫画【N’Sマンガ】

ホスピタルインフォ

黒岩祐治プレミアムインタビュー

黒岩祐治の頼むぞ!ナース