看護師さんに役立つ転職ガイド

転職ガイド <転職HowTo>

  • 転職howto
  • 転職の現場レポート
  • 転職関連ランキング
  • 転職Q&A
  • 求人への応募について
  • 転職成功の秘訣を大公開
  • 看護師免許を行かせる国際ボランティア
  • 国立病院機構のご紹介

転職活動の準備


ミスマッチを防ぐには、まずは出発点で自分を見つめなおしましょう。

採用時に重視することベスト3  

(1) 意欲が高いこと
(2) 体力があること
(3) 長期間勤めてもらうこと 
     必要とする能力ベスト3 

(1) 患者に対する接遇能力 
(2) 患者に対する説明能力 
(3) 看護技術が確かなこと 

1. 目的をしっかりと

「あなたの転職の目的は?」「実現したいことは?」転職の秘訣はこの問いに答えられることです。目的が明確でなければ十分に自分をアピールできません。また、せっかく転職しても、時間がたてば「これでよかったのか」思い悩むこととなります。これでは転職に成功したとは言えません。

2. 希望条件に優先順位をつけましょう

病院選びをするときに全ての条件を満たすのはなかなか難しいものです。自分の希望を明確にし、一番の条件を見極めることが大切です。

3. 自分の価値はどれくらい

どんなに素晴らしいキャリアの持ち主でも求人側が必要とする条件を満たしていなければ転職は出来ません。
まずは、募集要項をしっかり見て、必要条件を確認しましょう。

4. スケジュールを立てましょう

いつまでに転職をクローズするかエンドを決めましょう。転職するにはいくつも準備することがあります。それをひとつづつスケジュールに落とし込むことが重要です。



就業規則は早めに確認

退職願いを出してから退職までどれくらいの日数がかかるのか確認しておきましょう。
法的には就業規則にかかわらず退職の意思を表示してから 2 週間後には退職が認められます。しかし、円満退職するには、就業規則は守る必要があります。



応募書類の作成

1. 「面接してみたい」と思わせる

いくら応募しても面接はたどり着けない。このような場合、全人格を否定されたようで憂鬱になりがちです。しかし否定されたのはあなたの人格ではなく書類です。応募書類を見直すだけでこの壁は乗り越えられます。

2. 相手が求めていることに応える

いくら立派な応募書類でも求人者の求めることに応えていなければ面接までは至りません。あなたがどのようなキャリアの持ち主でそれをどのように生かせるのかが相手の知りたい情報です。



面接時のポイント


面接は自分を売り込む場

あなたには多くの優れた点があると思います。しかしその優れたことを単に羅列しても印象には残りません。相手のニーズにあわせてあなたの良さをアピールしましょう。 面接は質疑応答の場ではなく、自己アピールの場です。何がしたいのか、仕事に対する熱意、環境の変化に対応していく積極性を是非ともアピールしましょう。求人情報に掲載されている募集要項(背景)から、求められる人物像や、期待されていることを読み取ることが重要です。

面接前には、自分のどこをアピールするのかを再度整理しましょう

看護師は病院の顔です。身なり、立ち振る舞い、持ち物・・・担当者はあなたのキャリアだけではなく全て見ています。

「何か質問はありますか?」と最後に質問されるケースがあります。

自分をアピールする最後のチャンスととらえましょう。是非とも熱意を感じさせる質問を用意しておきましょう。

キャリアに自信がなくても

経験年数不問でも採用者は早期戦力化を求めます。いち早く一人前になるには、「意欲」が必須です。キャリアがなくても将来のために何をしているか「現在進行形」のことを、熱意をもってアピールしましょう。

キャリアがあっても

過去の実績、経験も生かせなければ意味がありません。経験がどのように生かせるのか、入職後の活躍をストーリーにまとめてアピールしましょう。



退職がきまったら


返却するもの  

 ○ 健康保険書 
 ○ 身分証明書  
 ○ 名刺
 ○ 通勤定期券
 ○ 制服等 
     もらうもの 

 ○ 離職票 (次の会社が決まっている人には必要ありません)
 ○ 雇用保険被保険者証
 ○ 年金手帳
 ○ 源泉徴収票
コンテンツ
  • 黒岩知事インタビュー
  • ホスピタルインフォ
  • ビギナース
  • Re:ナース40
コンサルタントに相談する

Cafe de Nurseおすすめコンテンツ


ナース漫画【半熟ナース、病棟を行く】

私達、ナースです!

ナースは見た!

スーパードクターエッセイ